リスニング力UP!!

会話って、相手の言う事に反応したり、言った事に対しての相手側の反応の繰り返しで成立しますよね。
ですので、相手の言ってることがわからなければ、会話は成り立たないわけです。

えいご耳を作ろう!!

ネイティブが話す英語の周波数とわたしたち日本語の周波数は異なると言われています。つまり音を拾えるか拾えないかと言う問題です。
これは、絶対音感と言われるもので、大体6才くらいまでに固まってしまうようなのです。
これによって、現在、幼児に対する英語教育が重要視されているのです。絶対音感が固まる前に、英語の周波数を取り入れさせる目的ですね。。。

ではすでに、大人になってしまったわたし達は、どうすればいいのでしょうか?
答えは、「ひたすら聞く」です。

どれくらいの期間を目安にすればいいでしょう。。。わたしの場合は「2年」かかりました。
これは、ネイティブの英語の各単語がバラバラに聞こえるようになるまでの期間です。

リスニング用教材について

リスニング向けの教材は、そうですね。。。あなたが気に入ったならどれでもいいと思います。いま流行のスピードラーニング でもいいと思います。
大事なのは、あなたにとって聞き心地のいい英会話CDをひとつ選び、毎朝、毎晩、通勤中などに聞くということなんです。
英語の意味なんかわからなくて、いいんです。たまに本を開いて、文章を確認する感じで充分です。
ただし、毎日続けることが大事なんです。あなたの脳みそが新しい周波数を聞き取れるようにするわけですから、近道はありません。

ちなみにわたしは3パターンで決める日常英会話ネイティブ表現 をず〜っと聞いてました。男性、女性とさまざまな声質が入っていて、聞き心地が良かったので、続いたのかなと思います。

ネイティブの会話の中の単語がバラバラに聞こえるようになってきたら次は「スピーキング力」を鍛える段階に入ります。