とにかく話す

これまたリスニング力UPと同じなのですが、とにかく「単語を組み立てて、文章を作る」と言う作業を繰り返し繰り返し行わなければなりません。よほどの天才でないかぎり近道はないでしょう。
わたしの場合は、これを2年間続けました。実はタイ人に友達がいて、その人とほぼ毎日英語で話しをしました。
相手も英語は得意ではなく、お互いにたどたどしい英語で、なんとか会話を成り立たせようと必死でした。

会話の相手は、ネイティブじゃない方がいい

ネイティブの人が相手だと、いろいろ気をつかってしまいますよね?「こんなに返事に時間がかかってしまって、イライラしてないだろうか?」とか。。。
ところが、相手も英語が第2言語の場合だと、不思議と気をつかわないんですよ。

さて、ここでトップページで紹介しているオンラインランゲージスクールの出番となるわけです。

オンライン英会話について

わたしが実際に試したところ、現在メジャーなフィリピン人の先生の場合、マニラより、セブの人の方が発音がいいような気がしました。
ただ、これには個人差、スクール差があると思うので、マニラでもきちんとしたところでは、発音の綺麗な人が揃っています。
でも正直、勉強するぞって言うスタンスだとなかなか続かせるのは難しいかもですね。
ですので、たとえば男性であれば、かわいい先生をみつけて、話し込むのもいいでしょうし。。。
ぜひ、ご自分のモチベーションを保ち続けられる方法を見つけてください。