結婚祝いについて

渡すタイミングについて
  • 式の前日までに結婚祝いを準備しておきましょう。
    正式には、1週間前までの吉日に持参しますが、現在では(欠席する場合を除いて)お祝い金を祝儀袋にいれて当日に持参するのが一般的です。
金額について
  • 割り切れない奇数額を包むと縁起がよいとされています。
    偶数でも2は「夫婦一対」
    8は「末広がり」を表すので失礼にはあたりません。
    4と9はそれぞれ死と苦を連想させるので、避けましょう。
    お礼は新札を使うようにします。
    金額は新郎神秘との関係で若干異なりますが、2万円以下がなるべく避けましょう。
学生時代の友人、幼なじみ2~3万円
会社の同僚、部下、先輩3万円
会社の上司2~3万円
仕事の取引先3~5万円
兄弟、姉妹5~10万円
甥、姪5~10万円
その他の親戚関係3~5万円
欠席する場合は
  • 挙式や披露宴を欠席する場合もお祝いを贈るのが礼儀です。
    この場合、出席した際に包む金額の1/3~1/2の現金か、品物を贈りましょう。
    ただし、出席通知を出したにもかかわらず、急な用事で欠席する場合は出席する際と同額にします。
    また、招待されていないが、お祝いを贈りたい場合は5千円~1万円を予算の目安とします。
お祝い金の包み方
  • 祝儀袋はのしつきで、水引きが金銀もしくは赤白の結び切り(結び留め)のものを使います。

    ※参考画像


    表書きには、水引きの上に「寿」「御祝」の文字、下にフルネームを入れます。
    毛筆か筆ペンを使って丁寧に書きましょう。
    中包みは、表には金額を漢数字で、裏には自分の住所と氏名を入れます。
    夫婦の場合は、連名
    会社の場合は、「会社名+部署名 一同」
    グループの場合は、「グループ名 一同」
    などとします。