仲人(媒酌人)を依頼されたら

答えは慎重に
  • 二人の新たな門出をそばで見届け世話をする仲人は、とても重要な役割です。
    仲人の依頼は名誉なことなので快く引き受けたいところですが、その役割と責任をきちんと理解した上で、引き受けるかどうかは、慎重に判断することが新郎新婦の為でもあります。
仲人には3タイプあります。
  • 仲人といっても、その関わる範囲によっては、次の3タイプがあります。依頼された場合はどのタイプを頼まれているのかを、確認するようにしましょう。
    • 本仲人
      縁談、見合い、結納、挙式、披露宴のすべての過程に立ち会う。
    • 下仲人
      見合いから結納まで立ち会う。以降は媒酌人にゆだねる。
    • 頼まれ仲人
      挙式、披露宴での媒酌のみ務める。最近では当日のみ務める場合は多いようです。
媒酌人の挨拶例とポイント
  • 媒酌人の役割の中で、特に重要なのは、主催者代表としてするあいさつです。
    披露宴の最初なので、堂々とした態度で、それでいて、場を和ませるようなスピーチを心がけましょう。
      ①招待客への感謝の辞
      ②自己紹介と媒酌人になった経緯など
      ③挙式の報告
      ④新郎新婦の略式
      ⑤なれそめ(簡単に)
      ⑥新郎新婦へのはなむけの言葉
      ⑦結び
媒酌人の装い
  • 新郎新婦の衣装に合わせます。
    同格のものにするのがベストですが、一段格下の礼装にしてもいいでしょう。
    新郎新婦や両親などと、事前によく打ち合わせて、バランスのよい衣装を選ぶようにしましょう。