死亡後の書類手続き

死亡届の提出
  • 医師により、死亡が確認されたら、役所に届け出をすることが戸籍法で定められています。
    死亡届を済ませないうちは、葬儀を行う事ができません。
    死亡届の用紙は、役所、病院、葬儀社で入手することができます。
    用紙の右半分は、
    • 「死亡診断書」
    といい、臨終に立ち会った医師、あるいは、遺体を検視した医師が記入してくれます。
    左半分は必要事項を遺族が記入し、捺印します。
    死亡届に、
    • 「死体火葬許可申請書」
    を添えて、死後7日以内に役所の戸籍係に届け出ます。
  • 死亡届と死体火葬許可申請書を役所に届けると、
    • 火葬許可証
    が発行されます。
    この書類を火葬場に提出すれば、火葬後に日時を記入して、
    • 「埋葬許可証」
    として返却されます。
    埋葬許可証は、納骨時に寺院、墓地の管理事務所に提出します。