弔電の打ちかた

葬儀の式次第の「弔電披露」に間に合うように、弔電は早めに手配します。
弔電はNTT(115番)で午前8~午後10時まで、インターネットでは24時間受け付けています。

弔電を打つ時は、宛名は喪主の名前にします。
喪主の名前がわからないときには、「ご遺族様」とする。
差出人はフルネームで、仕事上の付き合いの場合は、会社名も入れる。
弔電文は、オリジナルにすべきですが、時間がないときは、用意されたひな形を使用してもかまいません。