香典と供物(くもつ)・供花(きょうか)について

香典について
  • 香典とは、死者の霊前に供える現金をいいます。
  • 死者の霊に手向ける香、線香の代金として、供えるために「香」の文字を用います。
  • 通夜か告別式に持参するのが通例です。
香典の金額
  • 本来、香典はいくらでないといけないと言う決まりはありません。
    とはいっても少なすぎるのも恥ずかしい思いをしますし、高額すぎると先方に香典返しの心配等、かえって気を遣わせてしまいます。
    故人との関係や、立場によっても金額は変わってきますので、同じような立場や境遇の人と相談して決めるものいいでしょう。

  • 両親5~10万円
    兄弟、姉妹3~5万円
    祖父母1~3万円
    上記以外の親類1~3万円
    友人、知人(その家族)5千~1万円
    隣人、近所2千~5千円
    職場の人間5千~1万円
    取引先3千~1万円
    その他2千~5千円
     
    ※不祝儀袋

 
供物、供花の贈りかた
  • 供物、供花(くげ、きょうか)は、故人の近親者や特に親しかった友人、知人、または会社などの団体が贈るので普通で、一般の会葬者が贈る必要はありません。
  • 供物、供花は、祭壇の大きさや斎場の広さなど、飾るスペースを考慮する必要があるので、必ず事前に遺族に問い合わせましょう。
  • 贈る場合、遅くとも通夜に間に合うように手配します。