葬儀のおおまかな流れ

危篤・臨終を通知
  • 家族が危篤状態になったときには、本人の三親等までの親族と、本人が特に親しくしていた友人、知人に連絡をします。
 
遺体をケア・安置し、納棺する
  • 臨終後に遺体に対し、末期の水、死化粧などをします。
 
死亡後の書類の手続き
  • 死亡が確認されたら、死亡届を役所に提出します。死亡届けをすませないと、葬儀を行えません。
 
葬儀社へ依頼
  • あらかじめ、どの葬儀社にするか、事前に情報収集しておきましょう。依頼する前に、予算を決めておくと話しがスムーズに進むでしょう。
 
喪主・世話役
  • 喪主は大抵、故人に縁の深い人が務めます。世話役を取り仕切る世話役代表は、遺族の事情を良く知り、信頼できる人が適任です。
 
葬儀の日取りと会場
  • 僧侶のスケジュールや会場の空き状況を確認しましょう。
 
    葬儀直前の準備
  • 僧侶と弔問客に出す通夜ぶるまい、式場の設営、弔辞の依頼、火葬場への移動手段の手配などを行いましょう。
 
通夜
  • 本来は夜通しで死者を偲ぶ儀式でしたが、現在では2~3時間で切り上げる「半通夜」が一般的です。
 
葬儀・告別式
  • 葬儀は故人の成仏を祈る儀式、告別式は故人との最後のお別れの儀式となります。別々の儀式ですが、最近では、連続して行うことが多いようです。
 
出棺と火葬
  • 「釘打ちの儀式」後に棺は式場から霊柩車まで出棺されます。
    その後火葬場にて、最後の焼香を行い、火葬します。
    火葬後には遺骨を拾う「骨上げの儀」を行います。
 
遺骨迎えと精進落とし
  • 火葬場から戻ってきたら、「後飾り」の祭壇に遺骨を納めます。
    そして、僧侶やお世話になった人達をねぎらうための精進落としの宴を設けます。
 
葬儀後にすること
  • お世話になった方々へのお礼回り、保険や年金などの名義変更、形見分けなどを行います。