危篤、臨終を通知

危篤通知
  • 家族が危篤状態に陥った時は、本人の三親等までの親族と、本人と特に仲がとかった友人に連絡を入れます。
    緊急の用件なので、深夜、早朝であっても失礼になりません。
    「夜分申し訳ありません。」とひと言断り、
  • 自分の姓名、本人との関係
  • 本人の姓名と危篤であること
  • を伝えます。
    詳しい病名はここではは省いたほうがよいでしょう。

    次に、「ひと目会っていただけたらと思い‥」と控えめに来訪をお願いします。と続け、
      もし、先方が来訪を希望した場合は、
    • 目的地の所在地
    • 病院なら病院名
    • 道順、連絡先電話番号等
    • を伝えましょう。
 
臨終通知、菩提寺、勤務先に連絡
  • 医師から、臨終を告げられたら、親族、菩提寺の僧侶、勤務先(学生の場合は学校)などへ連絡します。
    故人の家族の友人、知人、勤務先などには、通夜、葬儀、告別式の日取りが決まってから、死亡通知を出します。
    ただし、通夜、告別式までに時間が無い場合には、電話で連絡します。
 
    あらかじめ住所録などの整理を。
  • 多くの死は突然訪れます。また、長く病床に伏していた場合には、準備はなかなか難しいものです。
    したがって、あらかじめ、危篤となった場合に来てほしい人、通夜から出席してほしい人などをに印をつけた住所録を本人が準備しておくと、家族が速やかに連絡を取ることができます。