命日(仏式)

初七日

  • 死後7日目に営みます。
  • 近親者や故人と親しかった友人、知人を招き、僧侶にお経をあげてもらいます。
    現在では、葬儀当日に一緒に済ませてしまうことが多い

二七日、三七日、四七日

  • それぞれ、以下の日程で行います。
    二七日⇒死後14日目
    三七日⇒死後21日目
    四七日⇒死後28日目
  • 上記の三つについては、僧侶を招かずに身内だけで供養するか、省略してしまうこともあります。

五七日

  • 死後35日目に行います。
  • 宗派によっては、この日を忌明けとするところもあります。
    その場合には、近親者が集まり、僧侶を招いて初七日と同様に手厚く供養します。

七七日忌

  • 死後49日目に行います。
  • この日を忌明けとします。
    親族などが集まり、僧侶を招いて盛大に法要を営み、その後納骨(埋骨)を行うのが一般的です。
    自宅で法要を営む場合には、事前に菩提寺に連絡して仏壇飾りを用意しておきます。
    七七回忌の法要後、白木の位牌は菩提寺に納め、漆塗りや金箔の本位牌を用意し、仏壇に安置します。

百か日

  • 死後100日目に行います。
  • 忌明けを過ぎた死後100日目に、新たに仏となった故人を供養する法要です。
    最近では省略するか、49日目の法要と一緒に行うことが多い。