命日(神式の法要)

翌日祭について

  • 葬儀が無事終了したことを報告する霊祭で、葬場祭の翌日に行われます。
  • 最近ではやらない場合が多いようです。

十日祭~百日祭について

  • 亡くなった日から、10日ごとに十日祭から五十日祭まで行います。そして、死後100日目には百日祭を行います。
  • 死後、50日後の五十日祭でもって、忌明けとなります。
    神職、近親者、故人と円の深い人などを招いて、墓前、斎場、自宅にて行います。
    なお、本来、五十日祭から百日祭の間で行う、合祀祭を、五十日祭に合わせて行うことが多いようです。

十日祭~百日祭について

  • それぞれの経過年に併せて行います。
  • 一年祭、二年祭、三年祭、五年祭、十年祭は自宅や斎場で盛大に行われますが、それ以降は省略する場合が多いようです。