トップ

年金について

国民年金について

老齢基礎年金(国民年金)の受給資格
老齢基礎年金(国民年金)の受給資格がある人は、下記の人です。

 ・65歳以上である事
 ・「保険料納付済み期間」と「保険料免除期間」が合計で25年以上である
 ・「保険料納付済み期間」と「保険料免除期間」が合計で25年未満の場合で
  「カラ期間」を合算して25年以上になる場合
老齢基礎年金(国民年金)のカラ期間(合算対象期間)
カラ期間は、合算対象期間とも言います。この制度は、昔の日本の年金制度では、サラリーマンの妻などは、国民年金への加入は、任意加入でした。この為、現在の年金制度になった場合に25年以上の国民年金の保険料を納めていない人が出てきます。このような人への救済処置としてカラ期間(合算対象期間)がもうけられました。

カラ期間(合算対象期間)は、
  ・受給資格期間に算入されます。
  ・老齢基礎年金(国民年金)の年金額の計算には反映されない期間です。
の条件で、受給資格期間に含まれます。

カラ期間(合算対象期間)は、下記の条件に当てはまる人が対象です。

・昭和61年4月1日より前で、サラリーマンの妻などのような被扶養配偶者で
 あり、20歳以上60歳見何の期間で任意加入しなかった場合
・平成3年3月31日までで、学生が任意加入しなかった場合
・昭和61年4月1日以降で第2被保険者(会社員など)の20歳前、60歳以降の期間
老齢基礎年金(国民年金)の納付義務
国民年金の費用は、全額本人が負担し、本人が納付義務を負う
老齢基礎年金(国民年金)の保険料額
月額 : 13,300円
平成17年4月から毎年280円づつ引き上げられる
平成29年度以降は、16,900円で固定
老齢基礎年金(国民年金)の納付方法
全国の下記から国民年金の保険料を納付する事が可能になっています。

 ・銀行
 ・郵便局
 ・信用組合
 ・信用金庫
 ・労働金庫
 ・農協
 ・漁協

厚生年金について

【老齢厚生年金(厚生年金)】
老齢厚生年金とは、厚生年金に加入している人が年金を貰うようになった時の年金の名称を言います。一般的に厚生年金と言われているものが老齢厚生年金の事になります。

老齢厚生年金が貰う事が出来るのは、基本的に65歳からになります。60歳から老齢厚生年金が支給されている人が居るかもしれませんが、これは、一時的な措置で、いきなり、今までは60歳からし給されていたものが65歳に変わるというのは、大変な変更になりますので、60歳~65歳までの老齢厚生年金の支給は、段階的に廃止されていきます。

この為、老齢厚生年金を貰うタイミングにより区別する事が出来ます。

区別の仕方は、

  ・60歳~65歳になるまで
  ・65歳以降

のように、65歳より前か後かで分けることが出来ます。


【60歳~65歳になるまで】
60歳から貰える老齢厚生年金は、

  ・報酬比例部分の老齢厚生年金
  ・定額部分

の2つの部分に分けることが出来ます。

この「報酬比例部分の老齢厚生年金」と「定額部分」をあわせて、「特別支給の老齢厚生年金」と言います。
「特別支給の老齢厚生年金」の支給は、生年月日により、「定額部分」の支給が打ち切られていきます。つまり、段階的に65歳になるまでの間に支給される年金が少なくなります。

PICNON