個人年金・選び方のポイント

個人年金の利率や特約は保険会社により違います。一種の商品ですので、今しかない商品というもの存在します。特性と保証内容を確認の上最適な保険を選びましょう。

また、定額個人年金と変額個人年金は、全く異なるものと考えた方が良いでしょう。
定額個人年金は『個人年金保険料控除』の対象となりますが、変額個人年金は『生命保険料控除』の対象となります。

定額年金保険を選ぶときのポイントは?

・費用コスト
・戻り率は他社より良いか?
・積立利率は『固定』、『変動』のどちらか?(金利上昇リスクをカバーしているか?)

等の点を念頭に商品を選ぶと良いでしょう。

変額型年金保険・選び方のポイント

上記でご紹介した定額型年金保険は、将来受け取れる年金額が確定していて運用利率(予定利率)が加入時から満期まで変わりません。
したがって、現在のような超低金利時代にはあまり得がありません。その為最近では、運用次第で年金額が大きく増える可能性がある『変額年金保険』に注目が集まっています。

変額年金保険を選ぶときのポイントは?

・費用コスト
・保険料の支払いは一時払いと積立のどちらが良いか?
・元本の最低保障は必要か?
・特別勘定の数が多い方が良いか?
・死亡保障はどの程度欲しいか?

等の点を念頭に商品を選ぶと良いでしょう。